和胡弓

和胡弓

和胡弓は小ぶりな三味線のような形をしていますが、バイオリンのように弦を弓で擦って音を出す擦弦(さつげん)楽器です。よく似ているとされる中国の二胡がガット弦またはスチール弦を使っているのに対して和胡弓は絹糸の弦を使っており、やわらかく深みのある音が魅力です。体験レッスンで初めて和胡弓を知り、その独特の哀愁ある音色にはまってしまう人も。レッスンでは弓の弦へのあて方、両手首の動かし方など、まずは身体の使い方から丁寧に指導していきます。

ふぅちゃんメモ

三味線や箏に比べるとちょっぴりマイナーな印象の和胡弓。
でも、和胡弓が主役級に活躍する合奏曲もあるんです。
「和楽器でオーケストラを作りたい」と考えた作曲家の宮城道雄が、
従来の小型の胡弓を改良して、合奏でも大きく豊かな音を出せる「大胡弓」を開発。
コンサートマスターの代わりに大胡弓が中心に座り、その周りを他の和楽器が囲んで合奏する、まさに邦楽のオーケストラを実現しました。
「編曲八千代獅子」や「編曲松竹梅」「道灌(どうかん)」などの合奏曲では和胡弓の音色もたっぷり楽しめるので、ぜひ聴いてみて!

この楽器の担当講師はこちら

倭音のレッスンはあなたのスケジュールに合わせたフリータイム制。
レッスンの曜日、時間帯によって担当講師が異なります。

大胡弓

講師・河相 富陽
レッスン日:水曜夜/木曜/土曜午後
詳しく見る

胡弓

講師・小杉 順一
レッスン日:土曜午前/日曜午前・午後
詳しく見る

倭音看板猫・ふぅちゃん

体験レッスン受付中

0120-13-6533(通話無料)

返信までにお時間をいただく場合がありますので、お急ぎの時はお電話(通話無料)がおすすめです。

お問い合わせフォーム

EPARKでWEBから体験レッスンをお申込みいただけます。

e-parkスクール予約

※空き時間ではなく開講している時間が予約可能になっております。
予約確定メールが届きますが、この時点では予約は確定しておりません。
折り返しご連絡させていただきますので、よろしくお願いいたします。